最初はちょっと怖いけど、やらないと気になる

運動部の合宿の際に、大浴場で先輩と一緒になることが多々あり、
その際にアンダーヘアのお手入れをすることが、おかしいことではないと気が付きました。

それまでは自分で処理を行うのが怖く手を付けることもありませんでしたが、少しずつアンダーヘアを自己処理することが多くなりました。
特に面積の大きくないショーツなどを着用する際には、はみ出てしまうと恥ずかしいし、水着を着る際にも人から見えたらどうしようと心配になり、自己処理をきちんと行うことが多くなりました。

ただ、やはりデリケートゾーンということもあり、ひざ下や脇のようにしょっちゅう処理することも難しく、
また処理後に毛が生える際にかゆくなってしまったりして大変でした。

今でこそ、小学生や中高生が脱毛サロンに通い、無駄毛の脱毛をするのは珍しいことではなくなってきましたが、
やはり高校生のころに脱毛サロンに通っている友人はほとんどおりませんでした。
なので、恥ずかしさを捨ててでも友人同士で美容や健康法など安く済ませられることを共有し合っていました。

その際に、普通のカミソリで処理を行うよりも電気シェーバーのようになってる熱カッターなどを使うと、
肌も傷つけずにきれいに剃れるし、脱毛後の不快感がないし、またコストパフォーマンスとしてもカミソリより長くもつことを教えてもらいました。

今でもそのアドバイス通り、自己処理を行う際には熱カッターでアンダーヘア処理しています。
様子を見ながら気になると気だけできるので、サロンに行くよりずっと手軽です。